トップページ > ファンクラブについて

お問い合わせ

ひろしま地産地消ファンクラブとは

ひろしま地産地消推進協議会とは

 県民の皆様の健全な食生活の実現に向けて,新鮮で安全・安心な県内産農畜産物の安定供給体制を作るために,平成19年に設立されました。

 広島県農業協同組合中央会・全国農業協同組合連合会広島県本部・広島県で構成されています。

<平成30年度活動内容>

  • 1 広島県産農林水産物のファンづくりをすすめます。
    • (1)「ひろしま地産地消ファンクラブ」を通じて,産直市に関する情報などを発信します。
    • (2)「地産地消キャンペーン」を実施し,県産農林水産物の認知を高めます。
    • (3)小売事業者等と連携し,県産農林水産物のPRを行います。
    • (4)給食施設等へ県産農林水産物のPRと利活用を働きかけます。
  • 2 生産者と多様な主体の協働による相互理解の促進を図ります。
    • (1) 大学生等と連携して地域食材のPRを行います。
    • (2) 消費者・実需者・生産者団体等で構成する専門委員会と連携し,地産地消の取組みを行います。

<その他の活動内容>

  1. ひろしま菜‘sの設置支援
  2. POPを活用した販売促進
  3. 地産地消シンボルマークの利用申請受付

広島県地産地消シンボルマーク

1.目的

「地産地消」運動とは、地域で生産されたものをその地域で消費することです。

身近な地域の食との関わりを見つめ直し、その結びつきを深めていくことによって、地域の農業や伝統的な食文化、豊かな自然環境を守り、活き活きとした地域社会づくりを進めようというものです。

広島に住む一人ひとりが地域で暮らす一員であることを自覚し、生まれ育ったふるさとを守り、次世代に“豊かな広島”を受け継いでいくために関係者の意識啓発を行い、その取組の姿勢をより明確かつ印象的に伝えることを目的として、地産地消マークを作成しました。

2.ひろしま地産地消シンボルマークのデザイン

広島県の地図を簡略化したものをベースにし、ひと目で「ひろしま」のシンボルマークだと分かるようにしました。その下に箸を置いたことで、“食卓”のイメージを容易に喚起させることができます。緑色は、豊かな農林水産物(生産物)のイメージを表すと同時に、寒冷な中国山地沿いから温暖な瀬戸内海沿岸まで、多様な気象条件もと、山海の幸に富む豊かな自然環境のイメージも表しています。

3.マークの使用について

マークは各種ツール類、地産地消を推進するための会議、イベント等に使用するほか、「ひろしま地産地消推進協議会」以外の団体においても使用することができます。

マーク申請・認証までの流れ

  1. メールまたはお電話でお問い合わせください。
  2. 申請書をダウンロードし、記入したものをご提出ください。
  3. 当協議会で認証された後、使用可能なデータを配布いたします。

4.色彩の使用基準について

ご利用についてのお問い合わせ

JA広島中央会
広島県JA営農支援センター
TEL:082-243-6244 FAX:082-504-0219