トップページ > ひろしま菜’s > ファーマーズボイス

小松菜・枝豆・キャベツ・カリフラワー・ブロッコリー・広島菜・壬生菜・ほうれん草・タマネギ
など約30 品目

近くでつくるから新鮮で安全。よいものを提供し続けたい

100 ㎡ほどのハウスで小松菜を年7回転つくり、約7000 袋出荷するのがメインで、自家用米の田も合わせて農地は全部で2反ほど。小松菜のほか、季節に合わせていろいろな作物をつくっています。ここは女房の方の家が代々作ってきた土地で、私自身はずぶの素人から始めて丸8 年。八木地区の仲 間を品種ごとに一人ずつ先生と決めて、勉強させてもらいながら、女房とふたりでやってきました。やるからには楽しく、つくるからには美味しいものを。そして消費者の皆さんに喜んでもらいたい。そこに生きがいを感じています。近郊でつくられる農作物がいちばん新鮮で美味しいということを、広島の皆さんにもっともっと知ってもらいたいですね。

「小松菜は出荷まであと10 日位。一番つくりやすいと言われて始めました」と関城さん


今は春夏野菜の仕込み時期。今日はじゃがいもの種芋の植え付けを


つくるキャベツは3 種類ほど。春キャベツはまだ結球の途中です


春キャベツと高菜が育つ畑。鳥よけのテープがはためきます