トップページ > おいしい!レシピ > レモン香るたらのあんかけ

比治山大学開発 レモン香るたらのあんかけ レモンの爽やかな酸味とバターの風味がたまらない一品です

材料

たら(切り身) 120g(2切れ)
1.2g
小麦粉 5g
バター 5g
にんじん 40g
ピーマン 30g
しめじ 40g
2g
昆布だし 40ml
片栗粉 2g
レモン果汁 6ml
レモン 2切れ

つくりかた

1. たらに塩をふりかけてしばらく置き、水気をふきとり小麦粉をまぶす。
フライパンにバターを溶かし、たらを入れ、蓋をして蒸焼きにする。
2. にんじん、ピーマンは千切りし、しめじはほぐしておく。フライパンに油をしき、材料を炒める。昆布だしを加え、だし汁がひと煮立ちしたら、水溶き片栗粉を加え、よく混ぜて野菜あんをつくる。
3. 皿に、たら、野菜あんをかけ、レモン果汁を絞り、輪切りのレモンを飾る。
野菜のあんかけができあがったら、レモン果汁を絞り、レモンの爽やかな香りを味わってください。 広島県はレモンの生産量が日本一。県産レモンは防カビ剤を使用していないので、皮まで美味しく食べられます。

このレシピに関するお問い合わせ先

比治山大学 健康栄養学部 管理栄養学科
TEL:082-229-8859(担当 上村 芳枝)

PDFをダウンロード

前のページに戻る