ひろしま地産地消おいしい!レシピ

比治山大学

ビーツ餃子

ビーツのほのかな甘さが感じられます。

分量

10個分

調理時間

-

印刷する

材料

餃子の皮 10枚
豚ミンチ 60g
●上白糖 2g
●酒 3ml
●ごま油 1.8ml
キャベツ 70g
ニラ 10g
ゆでビーツ 20g
おろしにんにく 少々
おろししょうが 少々

つくりかた

  • (1)豚ミンチに●を加え、粘りが出るまでこねる。
  • (2)キャベツ、ニラをみじん切りにし、絞って水分を除く。
  • (3)ゆでビーツをみじん切りにした後、キッチンペーパーで軽く水気をふきとる。
  • (4)(1)、(2)、(3)と、おろしにんにく、おろししょうがを入れ混ぜ、餃子のタネを作る。
  • (5)餃子の皮でタネを包む。
  • (6)油をひいたフライパンに(5)を並べて、水100ml(分量外)を入れる。蓋をしてから中火で焼く。
  • (7)焼く音が小さくなったら、盛り付けて完成。

ポイント

餃子そのものに味をつけていますが、“レモン汁+こしょう”につけて食べると、風味が変わります。

食材ピックアップ

ビーツは、ロシアの伝統料理のボルシチには欠かせない真っ赤な野菜で、ほのかな甘みがあります。

このレシピに関するお問い合わせ先

比治山大学
健康栄養学部 管理栄養学科
担当 寺岡ゼミ(代表:082‐229‐0121)

ひろしまの
農林水産物たち

話題のキーワード

レモン  

開発者別レシピ

分類