メインコンテンツにスキップする
地産地消だより
地産地消だより

icon arrow地産地消だよりトップページに戻る

icon mail県立広島大学の学生が地産地消を学びに牧場へ!

2022年11月07日 月曜日

県立広島大学の学生さんから活動レポートが届きましたのでご紹介します✨

貴重な体験ができて楽しそうですね🐄

現地で体験したことを今後もぜひ活かしてださいね!

 

<<以下,届いたレポートです>>

9月22日に、県立広島大学の公衆栄養学研究室(教員1名・学生6名)が、乳製品を活用したレシピの考案に向けて,東広島市豊栄町にある「トムミルクファーム」を訪問しました。

酪農の歴史や牛・牛乳の特徴についての講義を受けた後、バター作り体験をしました。新鮮な牛乳と生クリームの入ったボトルを振ると、乳脂肪分が分離する様子が確認でき、バターができる過程を学ぶことができました。

 

その後牧場を見学し、牛の様子や餌の内容、デジタル機器を有効活用した生産等について理解を深めました。

 

牧場内の「まきばCAFE」さんで、牧場でとれた新鮮ミルクを使ったビーフストロガノフやジェラートなどをいただきました。牛たちを間近で見て、生産者の方の努力を知ったうえでいただいた料理はより一層おいしく感じ、地産地消推進への意欲が高まりました。

 

 

今回の訪問を通して、動物の命と地域の生産活動、そして私たちの食生活のつながりを、改めて実感しました。また生産者の方々が、社会情勢や時代の変化に対応できるよう、努力や工夫をされていることを知り、持続可能な第一次産業の在り方について考えるきっかけになりました。
今回学んだことや感じたことを生かして、乳製品を活用したレシピを考案する予定です。

icon arrow地産地消だよりトップページに戻る