トップページ > 地産地消だより

地産地消だよりトップページに戻る

【広島の産直市・道の駅探訪!vol.8】JA三次 三次きん菜館 編

2014年03月20日 木曜日

広島ICのすぐそばという好立地にある、三次きん菜館にやってきました!

三次市の農産物や特産品を広島市内で提供しているアンテナショップ。
三次地域と広島市の交流の場となっている産直市です。

01三次きん菜館外観

20年度には全国地産地消優良活動として農林水産局長賞を受賞。

14農林水産局長賞

店内は採光がよく、広々しています。

02店内ひろびろ

三次地域の生産者さんや活動を紹介したパネルも。皆さんいいスマイルです。

13パネル類

お店に入って正面の平台には地元銘菓がならんでいました。
“ほとぎ”や“淡雪”、“洋酒ケーキ”など、常連の方々には
お馴染みで、あてにしている方もたくさんいらっしゃるとか。

03正面平台

ちょうどいちごの時期とお彼岸前ということで
店内はいちごの赤や色とりどりのお花で華やかでした。

05お花
04いちご

他にも、たまごとか、ほうれん草や水菜などの葉ものがズラリ

06たまご
07ほうれん草
08水菜など

これらの農産物は毎日2回、朝9時と昼11時頃三次から入荷しているようです。

美味しそうな“ひろしま牛”も!屋外のバーベキューの主役にいかが!?
キャンプ場などに行く前に寄ってみてもいいかもしれません。美味しそう…

09

三次のお肉には三次のワインってことでこちらも。

18三次ワイン

グルテン、米粉、みそ、きな粉、粉ものもたくさん。

10粉もの

“炒り米ぬか”って?漬物にも使いますが、
魚に軽くまぶして焼くと美味しいんだそうです!知ってました?

15炒り米ぬか

きく芋、三良坂のきくらげ、エゴマなど。

11キク芋

乾物ブームの主役、切り干し大根も豊富に揃っています。

12切り干し大根

「この春からは“アスパラ”、それから山菜類を楽しみにしてください」
と、店長さん。お話を聞いていると、山菜にやたらと詳しい(笑)

葉ワサビやたらの芽、早掘りの竹の子まではなんとか…
こしあぶら?こごみ?など、知らない名前がどんどん…ああ~

春先には決まって料理店の方がこちらの珍しい山菜をあてにされると聞きました。
店長さんと情報を交感し合うお店は今や10店舗ぐらいあるそうです。

16スタッフの皆さん

結論!コレなんだろう?と思ったら、お店の方に聞いてみてください。

味も食べ方も、すべてを知り尽くした店長とスタッフの皆さんがおこたえします!

好奇心旺盛なファンクラブの皆さんなら
きっと満足できると思います。ぜひ出かけてみてくださいね!

※掲載されている価格は取材当時の情報です。

地産地消だよりトップページに戻る